ナカショウインターナショナル商品情報

女性の悩みを解消する美容商材、情報をご提供します

*

女は秋に老ける?正しい洗顔ケア

   

『秋に女は2度老ける』
美容業界ではそんな風に言われたりするぐらい
夏場に浴びていた紫外線が原因の
ダメージが秋に現れてきます。
a1380_001668
これからの季節は6~8月の夏とは違って湿度が低くなるため、
汗をかいても蒸発しやすく、肌の乾燥を招きやすくなるため
より対策が必要になります。

正しい洗顔方法をしっていますか?

「乾燥肌」になってしまう原因は様々ありますが、
その中でも一番大きく影響するのが
『洗顔などの日々のスキンケア』です。

『洗顔後に顔がつっぱる・ヒリヒリする』といった症状が出るのは、
多くの場合間違ったスキンケアが原因です。

「間違った洗顔」
をしていませんか?

気をつけたいポイントは3つ
(1)強力な洗顔料は使わないこと
肌がテカりやすい、ニキビが気になる人ほど
脱脂力の強い洗顔料使ったりされがちですが
その行為は乾燥肌が悪化し、もっとニキビが増え、
もっと顔がテカってしまうだけだったりします。

(2)1日何回も洗わないこと
顔の脂をむやみやたらと落とすことをさけるために
顔を洗うのは最高でも、朝と夜の、1日2回におさめましょう。
(肌への負担が少ない洗顔料を使うことを前提として)

(3)洗顔はぬるま湯で行うこと
熱いお湯で洗うとセラミドなどの保湿成分が失われます。
温度を下げ過ぎると逆に刺激が多くなるので、ぬるいくらいのお湯を使用しましょう。

実際に洗いかたを見直してみましょう

(1)まず手を洗う。
a1180_003485
汚れ手は「菌が繁殖する」原因です。洗顔前にしっかり手洗いを行ってください。

(2)顔を予洗いする。
a0001_017215
洗顔料を使う前に水で落とせる汚れは落とし
毛穴を開きます。

(3)洗顔フォームは必ず泡立てる
a0001_017256
肌を傷つけず汚れを落とすために
きめ細かくふんわりした泡をつくるように手または、泡立てネットなどで泡立てを。
忙しい人は「泡で出てくるタイプ」の洗顔料を使用するのもオススメです。

(4)ゴシゴシ洗いは絶対禁止
a0001_017233
洗顔料をしっかり泡立てた後は
泡を軽く肌にのせ指が肌に触れないように優しく円を描きます。
洗う順番は皮脂が多くなりがちなパーツから行います。
おでこ→ほほ→まぶた→鼻→あご→全体
小鼻や髪のはえ際もしっかりと。

(5)泡が残らないようにすすぐ
a0001_017212
どんなに優しい洗顔料もすすぎ残りがあるとニキビの原因や肌荒れに繋がります。
特に顎下や神の生え際は残りやすいので忘れずに。

泡を落とした後はタオルで「軽く押さえ」水分を拭き取ってください。
くれぐれもここでゴシゴシしないでくださいね。

正しい洗顔を徹底して、秋も自信の肌でいたいですね!

「乾燥肌」が気になる。
「洗顔が苦手」
そんな方に、こちらの商品もオススメです。

【お電話でもご注文、お問い合わせ可能です】
◎ナカショウ公式通販
◎一般のお客様用
046-884-8473(平日10:00〜16:00)
◎美容室専用
046-820-2305(平日10:00〜16:00)
※お電話でのご注文も承ります。

 - 神奈川発キレイの開発室, 美容情報 ,