ナカショウインターナショナル商品情報

女性の悩みを解消する美容商材、情報をご提供します

*

正しいシャンプーの仕方

   

いつもしていても意外に謝った洗い方でトラブルの原因になってしまっているシャンプー。
一手間でぐっと効果がでますので、ぜひお試しくださいね。

ブラッシングする

image
髪のからまりを取り、ほこりなどを落とします。生え際から後ろに向かって、とかしていきます。前から後ろにとかすことで頭皮に刺激を与え頭皮のたるみ防止にもなります。
ブラシは柔毛のブラシや先が丸くなったクッション性のあるブラシを使えば、頭皮を傷つけずマッサージ効果もあります。

シャンプー前にしっかり濡らす

image-1
髪が十分に濡れていない状態では不要な摩擦がおこり 髪に負担がかかってしまいます。 ぬらす際は頭皮でなく髪を充分にぬらすのもポイントです。 (頭皮を濡らしても髪には充分な水分が行き渡らないため)およそ38~40度が適温。塩素処理した水が理想的。

水気を切る

image-3
かけ湯が終わった後は、手で毛束をキュっと持ってしっかりと水気をきることが肝心です。ショートへアの場合は、オールバックにするように手で髪をなでつけて。水分が髪に浸透することは大事ですが、髪の表面に水分がついたままだと、きめ細かく泡立ちにくく必要以上に髪をこすってしまい、傷みの原因にもなりかねません。

てのひらで泡立てる

image-4
シャンプーでやりがちなのが頭で泡立ててしまうこと。これは頭皮をいためるきっかけになります。まずは手のひらの上で泡立てます。シャンプーにもよりますが量はミディアムで1プッシュ程度。髪が痛みにくい耳の上、後頭部、頭頂部の順に泡をつけてあらっていきましょう。

少し上を向いてシャンプー

image-5
下を向いて洗うとシャンプー剤が顔でたまってしまい 肌の負担になるだけでなく、頭皮が下に向くので、たるみを誘発するきっかけにもなりかねません。美容室のシャンプー台のように真上に向く事は難しいですが、ぜひ今晩から「少し上を向いてのシャンプー」にトライしてみてください。

洗うというよりマッサージ

image-6
シャンプーをする時に髪をゴシゴシ洗っていませんか?皮脂の分泌が盛んな耳の周りから爪を立てず指で円を描くようにマッサージ。後頭部から頭皮を上に持ち上げるように軽くマッサージ。ジグザグな動きをプラスして、さらにマッサージを。汚れを落とすだけでなく血液循環もよくなり頭皮のケアとしても一石二鳥です。

しっかりとすすぐ

image-7
すすぎも、洗うとき同様に頭を後ろに軽く倒すような姿勢でシャンプー剤がつかないように。流しはじめる前に手でシャンプー剤の泡を顔まわりから後頭部にむかってしっかりとっておきます。頭皮にシャワーヘッドを当てて地肌から流します。耳の後ろから首のまわりは流し残しが出やすい部分なので、ぬるつきがなくなるまで流して。手の動きはシャワーと連動して、頭皮マッサージと同様に。

おまけコラム

「頭皮臭ってませんか?」
頭皮が臭くなるのをご存知ですか?頭皮が臭ってしまっているかたは頭皮と顔の皮膚が オイリーに傾いています。
しかし頭皮のベタベタ感を取り除こうとシャンプーでゴシゴシ洗ったり 洗う回数を増やすのは逆効果!余計に皮脂が出てしまいます。
優しい成分のシャンプーでいつもより長めに時間をかけて洗い たっぷりとすすぎの時間をとってシャンプー剤が髪にのこらないように。
一手間でバスタイムをもっと楽しくシャンプーをもっと効果的に♪

【お電話でもご注文、お問い合わせ可能です】
◎ナカショウ公式通販
◎一般のお客様用
046-884-8473(平日10:00〜16:00)
◎美容室専用
046-820-2305(平日10:00〜16:00)
※お電話でのご注文も承ります。

 - 神奈川発キレイの開発室, 美容情報